プッシャータイプ 自動クロスカットソー 
「オプティカットs50 プラス」
プッシャータイプの自動クロスカットソー「オプティカット s50プラス」が新登場!
高いカット精度の入門機。搬送装置による生産の自動化も可能になりました。
木材加工の様々な場面で、木材のクロスカットが行われています。クロスカット工程は木材加工においては重要な工程のひとつですが、従来の手動カット方式の問題点を抱えたまま生産を続けておられるお客様も多く見受けられます。
プッシャータイプ「オプティカットs50」
ヴァイニッヒ/ディムターの自動クロスカットソー「オプティカット」シリーズはクロスカット工程を大きく改善してくれます。

入門者向けの機種としては、プッシャータイプの「オプティカットs50」がお勧めです。カットリストに基づき、素早く最適な木取りを行いながら、必要な部材を高い寸法精度でカットします。その仕事量は手動クロスカットソー4台分にも相当します。しかもオペレータは投入側と排出側の1名ずつで省人化も図れます。

クロスカット工程を自動化することは、オペレータにとっても安心です。ノコが回転するエリアは安全カバーでおおわれているため、非常に安全です。快適で、より仕事に集中できる作業環境を確保できます。
「オプティカットs50 プラス」が新登場
そしてこの度、「オプティカットs50」の拡張バージョンが登場しました。その名も「オプティカットs50プラス」。この新機種では、クロスカット前後の自動搬送を装備できるようになりました。これにより、更なる生産の自動化、省力化を進めることができます。一人でも運転できるワンマンオペレーションでの工程が出来上がります。

本機はモジュールシステムのため、現時点では搬送機能が必要ない場合でも、導入後、生産量が増えるにつれて、段階的に搬送装置を後付けしていくことも可能です。
オプティカットs50 プラス ビデオ
「オプティカットs50プラス」は、貴社の生産内容に合わせて様々な組み合わせが可能です。以下はほんの一例です。
A: シンプルでも頼れるマシン ‒ 材料の投入部と排出部はテーブル仕様です
導入コストを抑えつつも、最適木取りのクロスカットの魅力を実感できます。
投入/排出テーブルを備えたオプティカットs50プラスは、他のモジュールの基本モデルです。そして、各種オプションにより貴社向けのクロスカット工程を作り上げることで、生産を最適化させることができます。
B. パフォーマンスを最大化 ‒ 投入装置を備えたクロス投入仕様
投入用クロスコンベアを装備することで、材料の投入作業を自動化でき、生産性も向上させることができます。複数のバッファエリアも備えることができ、複数の投入材を待機させることができるため、オペレータは機械につきっきりになる必要はなくなります。バッファに材料がある間は、オペレータは積み取り、材の段取りや品質チェック等の作業に時間を回すことができます。
C. 生産能力の最大化 ‒ 自動選別ステーション付き
カットした部材の送り出し部には、選別ステーションや送り出しベルトコンベアを連結することも可能です。これにより、カットされた部材を指定したグループごとに自動選別できるようになります。作業性は向上し、人件費も抑えることができます。その結果、生産コストの削減や製品単価の圧縮にもつながります。選別するグループは、定寸長、材の品質、または部材の用途や目的などの設定が可能です。最適木取りプログラムで自動カットされたそれぞれの部材は、ベルトコンベア上の指定の場所に選別されます。
その他に次のようなオプション機能の搭載が可能です。
ごみ処理フラップ
ごみ材と判断された部材は、カットされた直後に製品と分けられ、ごみ処理フラップに落とされます。製品の中にごみ材が混ざってしまうことはありません。製品とごみ材の手間のかかる仕分け作業は不要です。
効率の悪い作業を減らし、生産性の高い仕事に専念しましょう。
選別コンベアと連動したごみ処理ゲートの装備も可能です。
印字機能
カットした部材に印字をすることで、いろいろな面で役立ちます。部材の識別、工場内での追跡、品質を証明する用途などです。オプティカットs50 プラスでは、インクジェットプリンター(自動印字)/ラベルプリンター(手貼り)のどちらでもご用意できます。
納入後の後付けも可能です。
この印字機能は自動クロスカット工程に完全に組み込まれ、自動カットと同様に自動印字が行われます。
カートリッジ式インクジェットにも対応することができます。ロゴマークやバーコードにも対応できます。
オプティカットを導入することで、貴社にとって様々なメリットが生まれます。オペレーターは投入部材にマーキングして材を投入する品質チェックと、自動カットされた部材をパレットに要領よく積み取ることに専念できます。人でなければ難しい作業に専念でき、品質や生産効率アップ、省力化に大きく貢献できます。材の位置決めやカットなどは、オプティカットに任せることができます。
正確なカット精度、無駄のない最適な木取り、価値の最大化、収益性の向上…。これらを、オプティカットがすべて実現してくれるのです。
クロスカット工程の自動化を検討してみませんか。
デモやお見積のご依頼、その他お問合せはお気軽にお近くの機械販売店様、またはDKSHジャパンまでご連絡ください。
DKSHジャパン株式会社 木材加工機械部
TEL: 078-871-7481 / FAX: 078-871-7488 / Email: tecwm.jp@dksh.com